カードローン 払えない

カードローンが払えなくなった時の無料相談

カードローン 払えない

カードローン 返済

カードローン 返済不能

カードローン 返せない

 

便利なカードローン。
毎月ちょっとずつ返せばいいので、自分の月収では買えないものでも簡単に手に入ります。

 

現金がなくても買えちゃうクレジットカードや現金が必要な時にすぐに借りられるキャッシングは、どちらも危険です。

 

返せなくなったら、自己破産すればいいかな・・・。

 

自己破産すると、家や車や多くの貯金を奪われたり、ローンを組めなくなったり、破産者名簿に名前が掲載されたりします。
自分の今までの生活が一変してしまうので、自己破産は最後の手段とお考えください。

 

まずは生活スタイルを変えないで、返済できる方法がないか相談してみましょう。

 

話し合いで借金が減額されたり、取立てを即日ストップしてくれるなど借金の専門家は頼りになります。
1人で悩んでないで、早く相談してくださいね。

 

まずは無料相談をどうぞ!

 

 

 

債務整理のいいところ

 

お金を借りたら返さなければなりません。もちろんその通りです。
しかし、病気で仕事を休まなければならなかったり、ボーナスがカットされたり、会社が倒産したりと長い人生上手くいかないこともあります。

 

ストレスでうつ病になり、働きたくても働けなくなったという人もたくさんいます。
自分ではどうしようもないこともあるのです。

 

そんなときにクレジットカードで買い物をしたり、リボ払いにしていたツケが回り借金を借金で返すなんてことは誰にでも起こり得ます。
そんな生活で毎月の返済が10万円を超えて、借金の返済ができないということになります。

 

ちょっと掛け違った生活をもとに戻す方法が債務整理です。
任意整理は金利を減額してもらって残りの借金を3年ほどかけて返済します。
個人再生は借金を1/5に減額してもらい完済を目指すものです。大幅な借金の減額が見込めるうえに住宅ローンはそのまま払い続けることができるのでメリットも大きいです。
自己破産は借金を帳消しにすることができるわけですから、生まれ変わるくらいのインパクトがあります。

 

いずれにしても、どうにもできないと思った借金問題が解決するのですから、メリットは大きいです。

 

 

便利なカードローン

 

カードローン便利

 

毎日毎日テレビでカードローンのコマーシャルを見かけます。
その中には「たまにはご褒美に美味しい物を」とか「ワンランクアップのプレゼント」とか、物欲を刺激するものが多いですね。
カードローンでキャッシングを一度でもすると不思議なもので、自分のお金が増えたように錯覚します。
借金と貯金からの切り崩しの境目がなくなってしまうのです。

 

支払いはリボ払いにすれば月々の返済額は数万円ですから、返せます。
そのままカードローンをしなければいつかは返せますが、お金というものは急に出て行くことがあります。

 

友達の結婚式、知人の訃報、交通事故、病気、どんなタイミングでお金が必要になるかわかりませんね。
カードローンは借金だから使わないという強い決心が必要です。

 

 

過払い金問題とは

 

ちょっと前まで頻繁に「過払い金の返還請求」についてのテレビコマーシャルを多く見かけたと思いますが、この「過払い金」の問題とは何だったのでしょう?

 

実は以前の日本では貸金業者が利息の根拠として提示していたものが2種類存在していました。
出資法と利息制限法です。

 

そしてこの2つの法律で「利息の上限」が異なっており、出資法では年29.2%、利息制限法では15〜20%だったのです。

 

どちらの法律で利息を取るかは貸金業者次第だったのです。

 

出資法の29.2%と利息制限法の15〜20%では9.2〜14.2%の差があって、これをグレーゾーンと呼び、利息制限法には違反するけれど出資法では違反していないという実に矛盾した状況だったのです。

 

貸金業者の中でもサラ金業者は金利29・2%で貸付を行っていたわけです。

 

しかし平成18年にこの矛盾を解消し、グレーゾーンを撤廃することが最高裁で決められました。
そして過去に払いすぎた金利を債務者に返還するように言い渡されたのが、過払い金請求なのです。
これにより大手の貸金業者が倒産に追い込まれ、社会現象になりました。

 

過払い金請求には時効があり、 最後に取引をした日から10年経過してしまうと過払い金返還請求が難しくなるのです。
だから今は一時期よりもコマーシャルが減ってしまったわけです。